e-お金を借りる方法|最短で現金を用意するなら

e-お金を借りる方法|最短で現金を用意するなら

即日融資が必要となる理由

カードローンを利用する人の多くは、急ぎで現金を用意しなければならない事情があるようです。現金を1万円など小額で用意する場合、10万円などのまとまった金額でも大抵は貯蓄を切り崩したり、毎月の収入からまかなえることが殆どだと思います。

 

しかし、これらの金額を用意するのが銀行の休日であったり、年末年始や長期休暇中のことも少なくありません。カードローンは日常使いにするよりも、いざというときに現金を用意するツールとして役立てている人が多いようです。

 

例えば次のようなニーズで役立てることができます。

  • 年末年始に銀行が開いていない場合
  • 急病により数万円治療費が必要となった
  • 旅行先で現金が必要
  • 家族が起こした事故などで急に現金が必要

通常とは異なる原因では貯蓄や毎月の収入で現金を用意できないケースもあります。
これらの場合に即日融資が可能となるお金の借り方を紹介したいと思います。

 

こんなときに役立つのが銀行のカードローン、消費者金融のキャッシングなどです。
最近ではネット銀行で即日融資が可能であったり、大手消費者金融では借り易さも向上し利用しやすくなりました。

 

また、次の給料日まで少しだけお金を借りたいというケースにも役立てることができます。
中には30日間無利息で利用できる大手業者もありますから、即日融資かつ安全に借りたいと思っている方は役立ててみてください。

一番最初に考えたい無利息キャッシング

まずは即日融資の中でも、30日間無利息キャッシングが利用できる業者を紹介しましょう。はじめての方はできるだけ1円でも利息を安くする方法で借りたほうが良いと感じるはずです。消費者金融やカードローンなどの利用が怖いと思っている人も少なくありませんから、リスクの少ない30日間無利息キャッシングをまずはお試しすることをおすすめします。

 

30日間無利息キャッシングが利用できる業者は主に大手消費者金融で見られます。

  • プロミス・・・30日間無利息
  • アコム・・・30日間無利息
  • レイク・・・最大180日まで無利息

 

主な無利息キャッシングの提供先はこれらの業者になります。中小企業ではあまり見られず、知名度の高い大手業者やネット銀行などで採用していることが多くなっています。

 

これらの無利息キャッシングで注意しなければならないのが、初回利用であることです。
ほかにもメールマガジン購読が条件だったり、返済日を35日ごとに設定するなど、各社で無利息にする条件が異なるため確認してください。

 

どの業者も土日祝日でも営業しており、無人契約機を完備しているため幅広い時間で審査に対応してもらうことができます。そのため年末年始や土日祝日、夜間などでも多くの場合は即日キャッシングが利用できます。

 

借入れの最短・最速マニュアル!

 

銀行でも即日融資が可能となるケース

次に銀行のカードローンによる即日キャッシングの方法を紹介します。大手消費者金融のイメージはアップしたといっても、やはり銀行の良い印象には勝ち目がないでしょう。安心感で選びたい方は銀行の中でも比較的早く融資を受けられるところを選んでみてください。

 

一般的には銀行のカードローンは申し込みから利用まで、早くても1週間程度はかかります。ほとんどの場合で審査に時間がかかり、銀行の営業日でなければ審査してもらうことはできないのです。土日祝日は時間がかかりやすく、平日でも15時以降は即日が難しいと考えておいてください。

 

ただし例外はあります。消費者金融のようにATMにてローン契約ができる銀行は即日が可能となります。例えば三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行ならATMでもカードローンの申し込みができて便利です。また銀行の窓口が閉まる平日15時以降、土日でも可能なのが特徴的です。

 

ほかにも銀行に既に普通口座をお持ちなら即日融資が可能となる所もあります。普通口座を開設する段階で本人確認書類等を提出しているため、審査にかかる時間が軽減されるわけです。既に口座を持っていれば即日審査、振込みキャッシングも早くなる可能性が高いでしょう。ご自分が持っているネット銀行で即日融資が可能でないか確認する方法のもおすすめします。

土日に即日融資を利用する方法

土日など銀行が開いていない日に限って現金が必要になったりします。こんな場合は消費者金融で即日融資を利用する方法が一番です。大手業者で土日でもその日に借りる方法を紹介します。

 

大手消費者金融のほとんどはネット申し込みに対応してます。これらは24時間365日受付をしています。ただし全ての時間で審査に対応しているわけではないため、それぞれの業者で何時まで申し込めば即日審査ができるのか確認した上で申し込むことをおすすめします。

 

大体の業者では21時頃まで、無人契約機でもそのくらいまでの対応が多いようです。ある程度審査に時間がかかることを予想し、18時前後までに申し込みを済ませておくとよいでしょう。審査が混み合っていれば順番待ちで翌日に繰り越すことがあったり、在籍確認が当日取れないと翌日になるケースもあるからです。

 

21時くらいまで審査を対応しているといっても、ギリギリではその日の内に融資を利用できない可能性があるため、多少余裕を持って申し込みしてください。申込者自身も必要書類の提出などやることがありますから、時間ギリギリだと慌ててしまい上手くいかない可能性も出てくるでしょう。

 

そして審査が終了したら、お近くの無人契約機にてカードを受け取れば即日融資が可能となります。カードさえ手元に用意できれば、後はコンビニATMを使い24時間融資が受けられるため、そこまでの手続きを早めに済ますと良いでしょう。

銀行での即日融資の条件

銀行限定で即日融資を利用したい場合、借入するために幾つかの条件があります。最近は当日の融資が受けられ、土日や夜間の審査にも対応する銀行も出てきましたが、まだまだ審査には制限があるのが実情です。一般的な銀行で即日融資を利用するための条件を紹介します。

  • 平日の14時まで手続を完了する
  • 審査にかかる日数をチェック

銀行の審査対応時間は営業日のみです。審査の受付は平日14時〜15時までのことが多く、多少余裕を持って午前中に申し込みを完了させておくとよいでしょう。

 

また銀行によっては審査に2〜3日必要となっているところもあります。必ず申し込み日当日に審査をしてくれるかは確認しなければなりません。

 

もうひとつ注意点があります。それは当日借入するには銀行振り込みしてもらわなければならないことです。銀行で当日カードを発行してもらう方法は難しく、消費者金融のように無人契約機が完備していないため、カードの受け取りは郵送となるからです。

 

そのため当然銀行振り込みになるわけですが、当日振込みが反映されるのは平日の14時までのところが多くなっています。それまでに振込み依頼を済ませるのが当日融資を利用するコツとなります。

 

カードは後日郵送で届き、手元にあればコンビニATMを使い24時間365日融資が受けられるようになります。初回のみ申し込み時間や曜日に注意してください。

土日に在籍確認が取れない場合

土日祝日に融資を受けたいが、あいにく自分の勤めている会社は土日祝日が休日の場合もあるでしょう。そんな時は金融業者から電話がかかってきても在籍確認が取れず、審査が完了しなければ即日融資となりません。このようなケースで即日となる可能性が高い方法を紹介します。

 

基本的に勤め先での在籍確認は必須となっています。ただし大手消費者金融では多少融通が利くようで、ほかの審査で問題なければ融資が利用できるケースもあります。

 

例えば在籍確認が取れなくても、給与明細などで勤め先が確認できればOKとする場合や、在籍確認が取れるまでは減額して融資を利用するなどの方法があります。プロミスやアコムなどの業者ではこれらの対応をしてくれる可能性もあるため、土日祝日でも申し込みをしてみることをおすすめします。

 

また、モビットでは三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行の口座があれば、WEB完結の申し込みが可能となり、電話連絡無しで手続きができます。この場合会社への在籍確認も行われないため、土日祝日で自分の会社が休みの場合は考慮してみるのも良いでしょう。

 

これらのように多少融通が利くのは大手消費者金融の特徴で、銀行系はかなり難しくなるため避けるようにしてください。

 

借入れの最短・最速マニュアル!

 

関連サイト集

http://xn--7-0j7a22b.com/・・・今すぐお金が必要な方のお金の借り方マニュアル
 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ