消費者金融が早い理由

e-お金を借りる方法|最短で現金を用意するなら

消費者金融が早い理由

大手消費者金融はなぜ融資が早いのでしょうか。銀行と比べて即日融資になりやすいのはわけがあります。

  • 小額融資を前提にしているから
  • 独自の審査基準で早い
  • 銀行と差別化するため早さを出している

 

ほかにも理由はありますが、主なものはこれらです。銀行は100万円以上など大口融資を多く取り扱うのに対し、消費者金融は10万円くらいなど小額融資を前提にしています。そのため審査も簡易的なもので良く、本人の信用さえ確実であれば融資を行なうことが多くなっています。

 

審査はコンピュータを使い属性にて機械的に行なっている業者も多くあります。後は信用情報機関に個人情報を問い合わせ、申し込み内容や本人の特徴などから判断されています。消費者金融は豊富なデータを保有し、返済が滞る特性のある人物がわかっているため、業者ごとに絶対に貸さないという基準があるようです。

 

逆に貸しても大丈夫という特性に当てはまれば、小額融資の場合信用面で問題なければ短い審査時間で貸してくれることになります。

 

問題となるのは審査に時間がかかる過去歴のある人で、始めて利用する人や問題なくローンを利用してきた方にとって、消費者金融は利便性の良い存在となります。

 

また、銀行の審査が遅いのは保証会社+銀行の審査と2重の審査が必要なためです。消費者金融は自社のみの審査でよく、即日融資が可能となっています。


ホーム RSS購読 サイトマップ